オフィスデザインのためのメディアサイト

52

2016年8月30日 • トレンド

退職金で倒産の危機?各企業の取り組みや見直すべき制度について徹底解説

退職金制度を見直す企業が増えています。その背景には、勤続年数の長さや学歴などの退職金支払額の多さにあるでしょう。年功序列で退職金が支払われる制度を見直し、ポイント制度による退職金支払いに変える企業も増えているようです。そこで退職金に関するあれこれや見直しポイントについてまとめてみました。毎年退職金制度に頭を抱えている総務部の皆さま、ぜひご参考になさってください。

 

退職金の役割とは?退職金制度と日本の文化について

 

退職金の主な役割は老後の保証。日本は家族を支えるシステムとして退職金制度を設けるというのが一般的な考えでした。企業年金と一括支払いの退職金があるのは老後の蓄えを残すという意味合いでもあります。退職金制度があることにより、安定した企業というイメージや離職率が防げるというメリットもあります。「長い間ご苦労さま」という企業側の心遣い。これは古き良き日本の文化でもありますが、勤続年数に応じて退職金を支払うことは企業にとって大きな損失でもあります。団塊世代が増え、退職者を多数抱えて倒産したという企業も少なくありません。これは退職金倒産と呼ばれている極めて深刻な事態です。このような背景から、中小企業のみならず大企業でも退職金制度が見直されています。中途退職する社員の退職金も勤続年数により支払われています。これは企業側にとって大きな痛手でしょう。この退職金制度に頭を抱えている企業は少なくありません。退職金制度は企業の良いイメージにも繋がりますが、企業としてはデメリットのほうが勝っており、企業の意識は「日本の文化を重んじるべき」という考えから「老後の資金は社員それぞれが運営しよう」という考えに変わってきているようです。定年が65歳まで引き上げれている今の日本では退職金制度はミスマッチだともいえます。

 

総務部必見!退職金制度を確定拠出年金制度に変える企業が増えている理由

 

アメリカでは「確定拠出年金制度」と呼ばれる退職金システムが導入されています。確定拠出年金制度を簡単に説明しますと、「年金の掛金を自己で増やすことによって将来の年金額を積立てできる」という制度です。これは2001年に日本でも導入されているシステムですが、当時の定着率は良くありませんでした。企業側が雇われる側に対して積み立てる制度に、そもそもメリットを感じなかったのでしょう。事務作業の負担や、掛金の拠出がややこしいと感じる企業が多かったのも定着しなかった理由です。それから15年、2016年に政府から確定拠出年金改正案が閣議決定されました。これにより今までは加入できなかった公務員や主婦も加入できるようになります。この改正案が実際に導入されるのは1月からです。事務作業の負担や掛金の拠出についても、企業側で行わず金融機関に委託できるような案の導入が検討されています。今後この制度が定着すれば企業は、「企業から老後保障を受け取る」という形から「老後の積立ては自分で行う」というシステムに変わるでしょう。制度の定着率に期待しましょう。積立て型の「確定拠出年金制度」は「企業年金」とは違います。企業年金は、退職金が月々の年金として支払われるシステム。一方「確定拠出年金制度」は自ら積み立てることによって将来的に年金の支給額が増えるシステムです。このシステムの利点は、退職後に転職したとしても積立てられた年金額が減らないところにあります。例え会社が倒産したとしても、積み立てた年金が老後保証されています。「確定拠出年金制度」を導入している企業は、「前払いで払う退職金」というような位置づけをしているところが多いようです。これは「積、確定拠出年金として積み立てるのか?」「退職金の代わりとして、前払いで積み立て額を受け取るのか?」については、社員それぞれが決められるシステムです。一括で支払われる退職金よりもリスクが少なく、これをメリットとして、退職金制度から確定拠出年金制度の切り替える企業も増えています。「確定拠出年金」に加入すると、積立てて運用で得た利益は非課税となります。退職金に対して不安を抱えている社員や企業にもメリットの多い退職金システムなので、、「確定拠出年金制度」の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

退職金制度をポイント制退職金に変えることで増えるメリットとは?

 

その他の退職金制度に変わるシステムとして、「ポイント制退職制度」というものがあります。これは、成果をポイントとし、そのポイントによって退職金が支払われるシステムです。退職金制度との大きな違いは、基本給プラス勤務年数ではないということです。成果によって退職金が支払われるポイント制度を導入する企業が増えています。これは1998年から注目されてきた制度です。この制度なら、退職する社員と企業側がお互い納得できそうですね。勤務年数や役職の有無などもポイントに取り入れている企業もあります。成果だけをポイント制退職金にすると、不公平さが際立ってしまうというのがその理由でしょう。近年、多く普及されているポイント制退職制度は「職能資格等級型」で、勤務年数や等級などによってポイントが付与され、退職金が決まります。これにより、成果型で生じる格差がなくなります。その他にもポイント制退職の格差が少なく感じられるようなポイント制度が各社それぞれのスタイルで考案されています。このように企業のカラーによって退職金の支払いを変えるのもまた、時代の流れだと言えますね。そもそも退職金自体がないという企業も増えてきました。退職金について街頭インタビューを行ったところ「退職金があるのか知らない」と答える社員もいたそうです。入社時はもちろん雇用期間中に「退職金は貰えますか?」なんて、聞けませんよね。

 

早期退職者を防ごう!離職率を防ぐ方法をご紹介

退職金制度を見直すには相当な時間と労力がかかります。企業のシステムをガラリと変えるは簡単なことではありません。そこでまず考えるべきは早期退職者を減らす取り組みです。まず第一に人の問題。入社して研修費用に数百万円だとしましょう、何か問題が起こる度に「人問題」に対応していては、企業負担が増えるばかりです。「給料を上げる」など、新システムを増やすというよりは「大切にされている」と社員に実感してもらう取り組みを行った企業があります。この企業では社員一人一人の「誕生日会」を開いたそうです。「まさかそんなことで離職率が減るの?」とお思いでしょうが、社内で「大切にされていること」や「必要とされていること」は早期離職率を下げる最もな近道なのかもしれません。次に大切なのが「オフィス環境」です。社内の風通しは良いでしょうか?ギスギスとさせるような空間になっていませんか?これを解決するには「壁」を作らないことが効果的。物にあふれているなど、社員同士が仕事しずらい環境になっていないか見直してみましょう。休憩室やミーティングルームにリラックス効果の高いものを置くなども効果的だそうです。このように、コストをなるべくかけないで離職率を減らそうと努力している企業もあるので、ぜひご参考までに。

 

 

いかがですか?早期退職者が増えることを防ぐのはもちろん、退職金制度の見直しなどは多くの企業の課題です。社員と企業が気持ちよく働ける環境づくりには、とても時間と労力、そして費用がかかるでしょう。今回ご紹介させていただいた、退職金の取り組みはあくまでも参考にしていただくものです。企業それぞれにカラーがあるように、退職金のカラーも存在します。退職金の制度を見直すには、まず社員を納得させることも忘れないでください。退職金へのアフターフォローを行うのも総務の仕事です。退職金には今様々な制度が導入され、選択幅が増えています。ぜひこの機会に退職金制度を見直してみてください。

続きを読む

68

2016年8月25日 • トレンド

士業を始めるなら、最初はシェアオフィスから始めたほうが良い?

司法書士や税理士、そして弁護士などの難関資格を取得し、事務所で経験を積んだら是非とも自分の事務所を開設し、一国一城の主として独立をしたいと考える人も多いでしょう。ただ独立したての時はお得意の常連客も少ないので、できるだけ事務所の家賃などのランニングは抑えたいものです。そこで便利なのが他の人間との共同オフィスであるシェアオフィスですが、実際にシェアオフィスは初心者が士業を始める時に向いているのでしょうか。

 

シェアオフィスを用いる4つのメリット

シェアオフィスビジネスを展開する会社は近年増えており、空きビルの活用や効率のよい不動産活用法として不動産業者も推し進めています。それに伴い利用者も増えていますが、実際の利用者の声を見ていると以下の様なメリットが浮かび上がってきます。

・初期投資費用が抑えられる
自分で事務所を開設するとなると、まず事務所の家賃や数カ月分の敷金が必要となります。また来客を迎えるための調度品やスペースも必要であり、もちろんパソコンや電話、プリンタといったビジネスツールも必須です。そうなると数百万円単位の出費となりますが、シェアオフィスはパソコンなどの備品も完備されていますし、敷金や礼金も会員登録費程度で、ほとんど不要です。さらに来客用の打ち合わせスペースも共用ですが付いていることがほとんどです。気軽に月額費だけで利用できるので、初期投資費用は大幅に抑えられます。さらに光熱費や通信費も込であることが多いです。
・交通の便が良い場所にオフィスが持てる
またシェアオフィスの場所は新宿や渋谷、そして銀座など非常に交通の辺が良く、自分で事務所を構えるとなると高額な家賃が発生する駅の近くが多くなっています。交通の便が良いというのはもちろん自分が通勤しやすいですし、事務所を訪れたい顧客にとってもメリットがあります。さらに一等地と言われる場所にオフィスを構えることは、事務所の信用度にも影響してきます。雑居マンションの一室に構えるよりもターミナル駅から徒歩数分の綺麗なオフィスの方が、自分のモチベーションも上がるでしょう。
・他の人間と交流しやすい
シェアオフィスというだけに、当然ほかの人間もオフィス内で多く事務所を構えています。さらに同業者もいることも頻繁にあります。そうなると良きライバルになるとともに情報交換もできますし、初審査にとっては悩みを相談できる相手がいることは大変心強いものです。また異業種の人とも交流できるので、ビジネスパートナー探しにも苦労しません。いろいろな交流が可能なのは非常に大きなメリットです。
・安全性が高い
女性が一人で開業する場合、気をつけたいのが事務所は密室であるということです。顧客のプライバシーの問題で外に声が聴こえるのは防ぎたいところですが、その反面顧客と二人きりになることもあり、女性にとっての防犯性は一つの懸念問題でしょう。シェアオフィスの場合は周囲にいろいろな人がいるので、他人と2人きりになることもなく、犯罪を未然に防ぐ効果もあります。

 

シェアオフィスを使う時に発生する5つのデメリット

一方でシェアオフィスならではのデメリットも当然いろいろと聞こえてきます。以下に具体例を示します。

・どうしても他人が気になる
交流ができるというシェアオフィスの良さとは表裏一体になりますが、自分だけの空間ではないので、集中をしたい時にはどうしても他人の声や騒音が気になることもあります。静寂の中でないと仕事ができないという人にとっては、シェアオフィスは向いていないかもしれません。また顧客の中でも周囲がうるさいと相談しづらいと感じる人もいます。

・セキュリティの不安が伴う
士業はビジネス状、そして個人の重要な情報を取り扱うので、情報の漏洩は絶対に起こさないようにしなければいけません。しかしシェアオフィスは多くの人が出入りしますし、パソコンの画面を盗み見られる、コピー機に書類を忘れてしまう、パソコンのセキュリティを突破されるなど様々なリスクが発生します。もちろんシェアオフィスを運営する会社でもそのような対策は行っていますが、自分自身の高いセキュリティ意識も必要でしょう。

・通信速度が遅いことが多い
シェアオフィスはフリーWi-Fiを利用できるので、高い通信費を支払う必要はないのですが、その反面他人と共有になるので、どうしても通信速度は遅くなりがちです。それほどインターネット回線を利用しなければ問題無いでしょうが、場合によっては自分でWi-Fiルーターを持ち込んだほうが良いかもしれません。

・違法な会社と住所が同一になる可能性がある
色々な人間が同じ住所にオフィスを構えるということは、違法商売をしている人間が居る可能性も大いにあります。そのような会社の悪評がネットに上がり、住所が書き込まれた場合自分も同一の住所なので、風評被害を受ける可能性があります。

 

それでもシェアオフィスを借りたほうが良いのか

メリットだけではなく、シェアオフィスには様々なリスクやデメリットも存在します。またコスト面で安いと書きましたが、占有スペースの坪単価を自分で事務所を借りた時と比較すると、高くなってしまうことが多いです。仕事の増加に伴い、自分で人を雇って複数の人間で作業するようになると、シェアオフィス内でも複数のスペースを借りなくてはいけないので結果的に割高になりがちです。
ただ風評被害などリスクがあったとしても、シェアオフィスは契約期間がすぎればすみやかに他の場所に移転することも可能です。備品を持っていく必要もないので引越し代もかからず、移転をするリスクも少ないでしょう。
例えば渋谷駅前数分のシェアオフィスでもテーブル席ならば月2万弱で借りることもできますし、打ち合わせスペースも必要なときだけ利用できます。自分で借りようとしたら、会議スペースありの渋谷駅間近のオフィスならば、坪単価2万円強ですから毎月の家賃だけで10万円は必要です。ただし人を雇って働くとなると、シェアオフィスは不便な面もありますから、ある程度売上が見込め固定客を獲得できたら、自分で新しくオフィスを借りることを検討してもよいでしょう。

 

 

シェアオフィスは士業を始めるときには大変便利な存在といえます。開設までの手間もかかりませんし、初期投資面でもランニングコスト面でも非常に経済的なので、仕事が軌道に乗るまでの仕事場として、有効に活用していきましょう。

続きを読む

91

2016年8月23日 • トレンド

一流の上司がおこなっている4つの習慣について

仕事で一流になりたいのであれば、一流になるための習慣を学ぶ必要があります。仕事を行うのであれば、毎日改善点を見つけ、反省できるところは反省し、行動を修正していかなければなりません。しかしながら、修正し改善していくと説明されたとしても、何をどのようにすれば良いか分からないという人もいるでしょう。そこで今回は、一流になるために、一流と呼ばれる上司がおこなっている4つの習慣を、初心者にも分かりやすく解説していきたいと思います。

 

人の悪口や噂話をしない

一流の人間になるための習慣として最初にご紹介したいのが、「絶対に人の悪口を言わない」ことです。二流や三流の人間の特徴として、人の悪口を平気で言う癖が存在します。なぜ一流の人間は、人の悪口を言わないことを決めているのでしょうか。その理由として、ひとつは着眼点にあります。一流の人間は基本的にポジティブ思考の方が多いです。そういう思考を持ったは、人を見るときに「どうしてこんなこともできないのか」ではなく、「どうしたらこの人はできるようになるのだろうか」という発想をします。つまり、いかにして現状をプラスに変えるかという考え方で物事を見ています。

次に挙げられるのが、自分の発言の影響力を正しく理解していることです。彼らは自分が発した言葉が相手や周囲にどのような影響を与えるかを理解し、状況や立場に応じた発言を心がけています。つまり、ネガティブキャンペーンをおこなうことで、自分の周辺へその物事に対してネガティブな印象を与えてしまうとわかっているため、人に対してマイナスな発言はしないのです。

このように、前向きに物事を捉え周囲への影響なども考慮した行動が取れる。それを後輩へしっかり見せられるのが一流の上司の振る舞いでしょう。

 

仕事を楽しくする方法を実践する

2つ目に、一流の人間はどんな仕事も楽しく取り組む術を持っており、常にそれを実践しています。いくら一流と呼ばれる程仕事の出来る上司でも、不得意分野やあまり気乗りしない仕事もあります。そういう仕事に取り組む際に、彼らはその仕事を楽しむ術を持っています。

どのように楽しんでいるかというと、「やらなければならない業務のフローに、自分がやりたいと思える作業を作りだす」ことを習慣的におこなっています。簡単に言うと、やりたいと思えることを作業のフローに追加してしまうのです。これにより、やるべきmustの仕事を自分が意欲的に取り組めるwantの仕事に変えてしまうのです。このためには、自身が何によってモチベーションが上がり、何に対して苦手意識を持っているのかという自己分析が必要になります。自身の内面を正しく理解することで、自身のモチベーションやアウトプットの質をしっかりコントロールできるようになります。そのため、彼らは常に高い質を維持することができるのです。

自身のコントロールをできないと、気分や周りの状況に流されてしまい、思うような成果を残すことはできません。しっかり自身の内面を把握し、自分自身をコントロールすることを心がけることで一定のクオリティを担保できるんですね。

 

マイナスな言葉を使用しない

3つ目は、「マイナスの言葉は使用しない」という習慣です。人は言葉によって教育され、言葉を上手く利用すれば人を幸せにすることができます。しかしながら、言葉の利用方法を間違えると反対にも作用してしまいます。つまり、言葉をどう利用するのかはあなたが選ぶことができ、一流の上司はその言葉を上手に使うことを心がけています。

例えば、「できない。」「時間がない。」などの言葉は、出来る方法を考えることを放棄している、言わば思考停止状態です。しかし、「どういう風にやろうか」と言葉に出すことで、自分だけでなく周囲も解決するための道を探そうと頭を働かせます。また、ポジティブな発言を続けることで、経済学でいう波及効果のように徐々に広がっていき、結果として周囲の発言もポジティブに変わっていきます。このポジティブシンキングがチームに定着していくことで、チームの生産性やメンバー個人の能力が向上する好循環に繋がります。

このように、自分がプラスの言葉を使うことで、自分だけでなく周囲もポジティブな思考にシフトさせられることを一流の人間は知っています。そこを上手く使ってチーム全体を動かし、結果を残せるのが優秀なリーダーとなる上司でしょう。

 

 

仕事は、結論から考えることから始まる

4つ目に、仕事のできる一流の人は、結論から物事を考えることができます。あなたは、論理的思考力という言葉を聞いたことがないでしょうか。論理的思考は、結論から物事の組み立てを考えようとします。なぜならば、結論から考えることで、様々な仮説を立てることができるからです。

人間は、1日という限られた時間の中で最大限仕事をしていかなければなりません。そのためには、作業を効率化しながら、最大限のアウトプットを生み出せる方法を考える必要があります。そこで一流の人間は、まず結論として何をしなければならないのかを考えます。結論から考えていくことで、無駄な作業を削ることができ、ゴール設定も明確になります。結論から考える習慣をつけておくことで、人に物事を説明する際でも分かりやすく伝えることができ、なぜその作業をしなければならないのかが、相手に分かりやすく伝わります。仕事を依頼された方も目的を理解できるため、作業をおこなう上での認識齟齬やアウトプットの質に差が出ることを防ぐことができます。

このように、はじめにゴールを設定することで、そこへ向かう道筋が見えてきます。これをタスクに分解して作業に落とし込むことで無駄を排除し、自分以外の人間も含めて効率的に作業を進めることが可能になります。こういった考え方をしながら自身の時間を上手に使える上司こそ、一流といえるでしょう。

 

 

仕事のできる人が、どのような習慣をもっているのかについて解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。人の悪口や噂話をしないことや、自己理解を深めること、結論から考えるということは、誰にでも行うことができます。自分ができていないと思うことがあれば、今すぐに取り組むことで一流に近づけるのではないでしょうか。

続きを読む