オフィスデザインのためのメディアサイト

725

2018年6月1日 • ガイド

一つの選択肢!?オフィスをDIYで創ることのメリット

日曜大工という言葉は、DIYとして生まれ変わりました。「Do It Yourself」を略してDIYと呼び、多くの人が趣味の一環として、世界にひとつだけの家具や小物を自分でつくっています。それはただの自己満足ではなく、周囲からも評価される時代です。
そんなDIYですが、実は家庭だけでなくオフィスにも活用されているのをご存じでしょうか。企業がオフィスにコストや時間をかけ、働きやすく過ごしやすいオフィスにすることも多く、そのひとつの選択肢として浮上しているのがDIYでのオフィスづくりなのです。

DIYはオフィス愛を強くする

DIYでオフィスをつくると言っても、DIYは時間や手間がかかり大変というイメージだと思います。さらに、オフィスは従業員すべての人が関わる空間で、ひとりの意見だけでDIYを決めることはできません。そのため、オフィスをDIYでつくるという行動に出るのはなかなか難しいと考えられます。しかし、オフィスをDIYでつくることは多くの効果を得ることができます。

オフィスをDIYでつくることで、企業のコミュニケーションの活性化、オフィスに愛着を持つという点が大きなメリットになります。
オフィス内の部署や役職など普段関わりを持たない人同士が協力し、ひとつのオフィスというものを作り上げることは、普段話すことのない従業員同士の交流につながります。
また、手間や時間をかけてオフィスをつくることで、従業員ひとりひとりに「自分のオフィス」という認識を持たせることができます。自分がつくったオフィスで仕事をすることで快適かつモチベーションを高く働くことができます。そして自分でオフィスをつくるということは、自分好みのものを機能性やデザイン性の面で作成できることがメリットになります。

そして、コスト削減がなによりも大きなメリットです。業者に内装を依頼するよりも安くオフィスを手掛けることができます。DIYは、ホームセンターなどにDIYコーナーが設置され工具や材料が販売されているため、簡単に道具も手に入ります。低コストで道具を手に入れ、企業らしいこだわりを持ったオフィスをつくることは、経済的な利益ではなく、純粋にオフィスに愛着を持つことにつながります。

オフィスをDIYするために

オフィスをDIYするためにはなにが必要なのでしょうか。いざオフィスをDIYしようと決めても、なにから始めればいいのかわからないことが多いと思います。企業はどのようにオフィスをDIYしようと考えるのでしょうか。

あるイベントプロデュース業の企業は、「自分たちの働く場所に愛着を持ちたい」、「理想のオフィスがないならつくってしまおう」という思いからDIYを決めました。企業でDIYを行なうためには、従業員全員の力が必要となり、企業の業務がストップする期間ができます。この企業では10日間業務をストップしてDIYを行ないました。それが大きなデメリットとなる場合もありますが、経済的な利益を生むことよりも、オフィスをDIYでつくるという従業員みんなで共通の体験をすることで、企業のあり方・文化を共通認識として得ることを大切にしたいと思ったそうです。
オフィスをDIYするためには、オフィスのコンセプトを明確に持ち、従業員全員が理解することが必要です。そのコンセプトをもとにプロジェクトチームをつくり、実現していきます。従業員全員が主役となり、意見を交換し合いながらコンセプトをオフィス空間の中で実現していくことになります。意見がぶつかることもありますが、共通の理解や認識を確認し合うことで、理想のオフィスを実現していくことができました。

DIYでつくられるオフィスの中には、こだわりの場所やポイントがあります。従業員の声を実現していく中で、みんなが意見を出し、無機質だったオフィス空間に仲間とつくりあげた作品のような温かみを持たせることができます。オフィスをDIYでつくるためには、従業員ひとりひとりがオフィス空間をつくるという意識を持ち、理想のオフィスという作品を仲間たちとつくるという気持ちが大切です。

DIYでオフィスを創ろう

DIYでオフィスをつくると言っても、オフィスの内装すべてをDIYで行なう必要はありません。もちろん、壁材や床材の張り替えやテーブルなどのオフィス什器をつくるような本格的なDIYを行なう企業もあります。しかし、オフィスをDIYでつくるうえで大切なことは、従業員全員が自分たちでオフィス空間と向き合い、共通認識を持って作業することです。
オフィスデザインはコンセプトや企業らしさ・こだわりを持ってつくられていることがほとんどです。そのため、大きくレイアウト変更を行なわない場合は、小さな作業のみでオフィス空間の雰囲気を変えることができます。

DIYでオフィスをつくるためには、DIY用の道具や工具、材料が必要になります。その中でもDIYに使用する材料のサンプルはしっかり確認しましょう。DIYは気軽に行なうことができる反面、ネットなどに掲載されるものと実物では結構色合いなどの違いがある場合があります。そのため、壁材や床材、カーペットなどオフィスの大部分を占めるようなものや色味が重要なものはサンプルで確認することをおすすめします。壁材や床材はオフィス全体を変えずにワンポイントとして色味や柄を取り入れる方法もあり、簡単に張り替えができるものもあるので、雰囲気を変えたいときにおすすめのDIYです。

オフィスは賃貸で使用している企業も多いため、オフィスビルの管理を行なうオーナーや管理会社に確認し、どこまでの工事が可能か確認することも大切です。しかし、DIYはその手軽さが人気の理由のひとつです。誰でもできる、「Do It Yourself」という名前通り、簡単に取り外しができるものも多いため、オフィスに適したものも多く販売されています。オフィスに合ったものを選び、使用しましょう。

オフィスをDIYでつくるためには、従業員全員のオフィスに対する共通認識が必要です。DIYにかかる手間や時間を惜しんでもオフィスや従業員の働く環境やモチベーションを高めるという他にはない経験をすることで、企業への愛を高めることにつながります。
DIYを通して企業全体がオフィスを見直し、世界にひとつだけの理想のオフィスをつくりましょう。

続きを読む

538

2018年5月31日 • ガイド

LED照明のメリットを知って、省エネ・効果的に取り入れよう

照明器具は人の生活の中で欠かせないものであり、オフィスに限らず家庭でも必ず目にするものです。省エネルギー政策の一環として、蛍光灯からLEDへの移行、急速なLED照明の普及により、家庭やオフィスの照明器具をLED照明に変更した方も多いのではないでしょうか。
LED照明の導入はどのような効果をもたらすのでしょうか。LED照明の特徴、メリット・デメリットを理解し、オフィスをより効率的なものにしましょう。

オフィスの照明をLEDに変えよう

日本では、地球温暖化や2011年に起きた東日本大震災などの影響から節電の重要性や環境への配慮が最重要視されています。そのため、既存の照明器具を蛍光灯や水銀灯などからLED照明に変更する企業も増えています。多くの電機メーカーや企業がLED照明を商材として取扱い、メディアなどでも紹介される機会が増えたことで、人々のLED照明への認知度や関心も高まりました。それでもすべての人がLED照明を使用しているわけではなく、LED照明について「周りやメディアが推奨しているから、なんとなく」という気持ちで使用している人も大勢いるのが現状です。

LEDは略して「Light Emitting Diode」、日本語では「発行ダイオード」と言います。LED照明の特徴のひとつである寿命の長さから、信号機などの公共の設備から家庭で使用する照明器具、家電の表示ランプなど多岐にわたり使用できるとされています。実際に、種類が少なかった初期のLED照明器具に比べ、現在では私たちが目に止めることもないような細かな場所、生活のさまざまなものにLEDは使用されています。

企業は、新たな商品やサービスなどを提供するための投資を行ない、需要を満たし、消費者を満足させ成長していきます。また人を雇用し、継続させ、利益を生み出していくことも企業の役割です。その中で、社会貢献という働きも重要な役割になります。環境への配慮や見直しも企業の大切な役割になっています。LED照明は、社会貢献の中でも手軽なものになり始めています。基本的なLED照明の特徴を理解し、オフィスに取り入れていきましょう。

LED照明のメリット・デメリット

LED照明は、日々進化しています。LED照明の機能面だけでなく、種類や色味などもさまざまなものが取り扱われるようになりました。そんなLED照明の基本的なメリット・デメリットを理解しましょう。

LED照明のメリットは大きく分けて8つです。
1:寿命が長い
一番の特徴とも言えるのが、寿命の長さです。種類や1日の点灯時間などにもよりますが、蛍光灯の4倍から10倍くらい点灯を維持できると言われています。
2:消費電力が少ない
経済的な照明器具で、蛍光灯の1/4、白熱電球の1/10に消費電力を抑えることができると言われています。家庭はもちろん、オフィスは消費電力がかなりあるため、電気料金的にも大きなメリットになります。
3:環境に優しい
消費電力が少ないため、二酸化炭素の排出量が抑えられます。また、水銀の使用がないため、廃棄も安全に行なうことができます。
4:光浴による劣化が少ない
紫外線や赤外線をほとんど発生しないので、食品などの商品や展示された美術品などを傷めることなく、どんな場所にも使用可能です。
5:虫が近づかない
紫外線を出さないため、夏場や外での使用の際も虫が近寄りにくい照明です。
6:点灯直後でも明るい
室温・気温の変化に左右されることなく点灯するため、周囲の環境に関係なく、いつでも明るく点灯させることができます。
7:頑丈で衝撃に強い
フィラメントやガラスを使用していないため、割れにくく、万が一割れたとしても飛散の心配が少なく、安心な照明です。
8:ライフサイクルコストに優れる
導入に初期費用がかかりますが、維持費や破棄にかかる費用が抑えられるため、トータルで見たライフサイクルコストは安価に済みます。

反対に、LED照明のデメリットとしては、2点あげられます。
1:導入費用が高い
種類によって電気工事が必要になる場合があり、導入費用が蛍光灯などよりもかなり高くなります。そのため、LED照明の導入を躊躇している企業も少なくありません。しかし、最近はLED照明の導入を検討する企業のために、レンタル・リースという形で提供したり、商品のモニターとして電気工事費を無料でLED照明の導入をする業者もあります。また、LED照明をつくるメーカーや工場も増えたことでさまざまな価格のLED照明が販売されています。
2:明るさが不安
蛍光灯よりも暗いという意見を耳にします。確かに種類によっては明るさが異なり、手作業のような細かい作業を行なう仕事や色を判別する職種の企業などからは不満の声があがっていました。しかし、LED照明も進化を重ねています。明るさや色味を選択できるようになったことでデメリットではなくなりつつあります。

LED照明をオフィスに導入するために

LED照明の特徴やメリット・デメリットを理解しても、どこのメーカーからどのようにLED照明を導入すればいいのかわかりません。また、オフィスは賃貸の場合も多く、LED照明の導入に必要な電気工事についてもきちんと知らなければなりません。

オフィスで使用されるLED照明は、法人向けのLED照明を扱う企業から購入し、導入することになります。そのとき、コストや照度のシミュレーションを行ない、オフィスの照明をLED照明に変更した場合の初期費用から継続して使用した場合の電気料金、オフィスで使用した場合の明るさや使い心地をしっかり確認しましょう。企業によっては、お試しとしてオフィスの一部をLED照明に変更してみるなど、LED照明の使い勝手を理解したうえで選ぶところもあります。1日の点灯時間が極端に短い場所にLED照明を導入しても、電気工事などの初期費用の方が大きくかかり、逆に損をしてしまう場合もあります。
LED照明のメリットは環境への配慮や安全性にもあります。電気料金に大きな差がない場合でも、社会貢献として環境への配慮からLED照明に変更する企業や、子どもが多い幼稚園・保育園や託児所、病院やお年寄りの多い施設などには、安全面を評価され、導入につながることもあります。企業にとって、LED照明のメリットや魅力は異なります。オフィスで照明器具をどのように考えているのか、LED照明の導入に踏み出すきっかけは企業次第なのです。

LED照明の導入は、「周囲が推奨しているから」という理由ではなく、企業が納得したうえで切り替えることがおすすめです。企業の働き方やオフィスの特徴に合ったLED照明の魅力がきっと見つかるはずです。
LED照明を理解し、効果的な使い方でオフィスにLED照明を取り入れましょう。

続きを読む

761

2018年5月30日 • ガイド

レイアウト変更で、しっかりオフィスを使いこなすためにすべきこと

オフィスという空間をどのように分け、どのように使うかは企業次第です。働きやすさを追求する現代では、企業のオフィス見直しも少なくありません。現在のオフィスのレイアウトは、オフィス空間をしっかり使いこなせているでしょうか。
働きやすさ、使いやすさの追求、従業員や企業・部署の増減などの理由にレイアウト変更を行なうことは、企業にとって珍しくありません。今までのオフィスより効率的なオフィスに変えたいと思う企業も多いと思いますが、ここでは、レイアウト変更でオフィスを使いこなすために必要なことを考えましょう。

使いやすいオフィスレイアウトとは

毎日使用しているオフィスですが、「効率が悪い」、「空間を活用しきれてない」、「無駄を感じる」などオフィスに対して不満を感じたことはありませんか。もしかすると、それらの不満は、オフィスのレイアウトを変更するだけで解決し、今まで活用できていなかったオフィス空間の新たなメリットを見出だせるかもしれません。今までのオフィスレイアウトを変えることで、オフィス内で働ける従業員人数が増え、従業員の動線や物の配置によって業務効率の向上につながることもあります。

オフィスのレイアウトは、企業のオフィスに対するコンセプトをもとに、従業員人数やオフィスに必要な各スペースの配分に応じてつくられていきます。個人のデスクを持つオフィスでは、従業員人数分のデスクを配置する必要があり、さらに個人のパーソナルスペースもある程度確保しなければなりません。さらにコミュニケーションの取り方や企業の働き方に応じたデスクのレイアウトを行なうことになります。反対に、個人のデスクを必要としない場合はフリーアドレス式にして、空いている席で自由に作業を行うオフィスも多くなっています。デスクに関しての使いやすさは企業の業種や従業員の働き方に応じてつくられるため、使いやすさを求めるには企業ごとに差が生じます。
また、オフィスに必要な各スペースに関しても企業によって多少の差が生じます。それでも一般的には、一般業務、役員専用、OA機器、情報管理、廊下、管理などが主に必要なスペースとして考えられています。使いやすいオフィスレイアウトにするためには、それらの空間配分よりも、どのスペースとどのスペースを隣接するのか、どこを離すのかを見極めることが重要です。そのためにも、オフィスでの従業員の働き方や動線が重要なポイントになるのです。

オフィスを使いこなすために

オフィスデザインはレイアウト次第です。オフィスという限られた空間をどのように有効活用するかによってオフィスの使いやすさは変わります。そのため、オフィスを使いこなすためには、効率的なオフィスのレイアウトをつくりあげることが必要です。

オフィス空間を使いこなすためには、オフィスレイアウトのポイントをしっかり押さえましょう。
まず、オフィスに必ずある余白スペースを有効的に活用することです。オフィスのレイアウトを考えていると、どうしても余白スペースは生まれます。余白はできるだけ小さい方が良いですが、どうしても埋められないことも少なくありません。そんなときは、余白を横ではなく、縦にも考えてみましょう。幅に捉われ、余白を小さく考えずに、床から天井までの空間として考えます。縦に長い情報収納スペースや物置のような使い方ができるかもしれません。また、逆に狭い空間を利用して音の気になるシュレッダーやOA機器、オフィス什器を使用する場所にすることもおすすめです。小さいスペースで行なうことで騒音を減らすことにもなります。

次に配線などをできるだけ隠しましょう。フリーアクセスフロアのように配線や電源関連を床下に収納することで電源の位置を気にすることなく、床の上のスペースを自由に使うことができます。電源の場所を考慮したレイアウトの場合、OA機器などの配置場所が先に決まってしまうことが多く、従業員の動線に合ったレイアウトができずに無駄ができてしまうかもしれません。

そして、なによりも限られたオフィス空間を少しでも広く感じるレイアウトを行なうことが必要です。視界に入る大きな仕切りやパーテーションなどを排除、または小さくし、視野を広げることで、オフィス全体に目が行き届くようになります。

オフィス空間をフル活用するレイアウト

オフィス空間をフル活用するためには、スペースの活用が必要です。オフィスでスペースを活用するためには、オフィスに必要な各スペースをどのようにオフィス空間の中に配分していくかが重要です。

例えば、株式会社MACオフィスが手掛けたオフィスレイアウト変更の事例を見てみましょう。コンサルティング企業のオフィスレイアウト変更を「業務内容を感じるエントランス」「従業員がアクティブに動ける」「部門間の最適なゾーニング」をポイントに行ないました。フリーアドレスを導入したことで、従業員の動く範囲を広げ、従業員自ら判断して働き方を見つける空間にしました。また、業務の異なる部署ごとの配置や隣接を考え、企業の働き方をより効率化するためのオフィスレイアウト変更になりました。

オフィス空間に各スペースを効率よく配分しても従業員の働きやすさや快適性がアップしなければ意味がありません。オフィス空間を活用したオフィスレイアウトは、なによりもそこで働く従業員にとって良いものでなければならないのです。スペースの有効活用だけを目指しても、良いオフィスとは言えません。仕事をするのは従業員という人間です。快適なオフィスであれば、自然とモチベーションも上がります。オフィス空間の図面の中だけでのレイアウトではなく、従業員ありきの快適なオフィスレイアウトを目指しましょう。

オフィス空間を活用するためには、オフィス空間を理解し、各必要スペースを配置したうえで、従業員の動きや働きやすさを考慮しなければなりません。オフィスレイアウトの図面上理想のレイアウトでも、そこで働く従業員がいなければ、オフィスを活用することはできないのです。
オフィスのレイアウトを考えるためには、オフィスのあり方を踏まえ、従業員の動きに沿ったスペースを配置していくことが必要です。また、オフィス空間の中にある余白スペースの活用方法を見つけることでオフィスをより活用することができるかもしれません。

続きを読む