オフィスデザインのためのメディアサイト

435

2018年5月24日 • ワークスタイル

トレンドのコーヒーメーカー!コミュニケーションの活性化などメリット大


仕事で忙しい一日に、束の間のブレイクタイム。気持ちをリフレッシュさせるためにはぜひとも確保したい時間です。そんなブレイクタイムに彩りを添えるのが、コーヒーなどの飲み物だということは、異論のない所ではないでしょうか。今回は、休憩時間にコーヒー等の飲料を飲むことがコミュニケーション活性化にも役立つかもしれない、その理由を探っていくとともに、専門店顔負けのコーヒーメーカーも紹介していきます。

コーヒーメーカー導入でコミュニケーション活性化!

近年、リフレッシュスペースを作り、そこにコーヒーメーカーなど各種飲み物(無料のものが多い)を導入して従業員に利用してもらう企業が増えてきました。社内コミュニケーションを図ることの重要性は以前から広く試行錯誤されており、実際にそのための施策も様々重ねて実践されてきましたが、いわゆる「オフィスカフェ」の存在は成功事例として今や広く認知されています。

普段仕事をしている業務スペースは(デザイン性に富んでいる企業も増えつつあるものの)基本的に無味乾燥な場所であり、仕事が繁忙期の時など、空気が張りつめている状態であることも多く、コミュニケーションも固くなりがちで肉体的、精神的にストレスをためてしまいます。一方、オフィスカフェのスペースは、そんな空気から解放されてほっと一息つける場所であり、ストレスが解消されるほか、多くの従業員が集まることで普段会話をしたことのない人とも自然にコミュニケーションが取れ十二分にリフレッシュでき、次の仕事への活力源となります。さらに、何気ない会話の中で思わぬ仕事上のアイデアが生まれることもあるのです。それはまさに、仕事ばかりですっかりカタくなってしまった頭が、リフレッシュしたおかげで柔軟になり、他人の言葉に閃きを得るチャンスが広がっている、とも言えるでしょう。

このように、オフィスカフェは様々な意味で企業にプラスアルファの効果をもたらしてくれます。

オフィスカフェの実際と、設置方法を考えよう!

さて、従業員に対し様々なプラス効果が見込めるオフィスカフェですが、具体的にはどのような形となっているのでしょうか。
複数台の自動販売機と座れるベンチがあればよい、というわけではありません。それだけでは残念ながら、従業員にとって十分な憩いの場とはなっていないのです。

オフィスデザインに長けた企業では、職人顔負けの本格的なコーヒーメーカーを用意し、味わい深いドリップコーヒーを気軽に飲めるだけでなく、フレーバーティーやチョコレートドリンクなども楽しめるようになっています。そこにクッキーやドーナッツなどのお菓子も用意されて、ちょっとしたおやつタイムになることや、さらに、現在テレビCMでも積極的に放映されていますが、外部業者に委託し常駐バリスタがこだわりのコーヒーを提供しているところまであるのです。

中には驚かれた人もいるかもしれませんが、従業員の福利厚生を第一に考えている企業では、このようなコーヒーの提供方法が現在ではむしろ当たり前のように行われているのです。さて、このような現状に触発されて、いざ自分のオフィス内にもコーヒーメーカーを設置してみよう、と思った時にはどのようなことに気を付ければ良いでしょうか、次に見ていきましょう。

まずは、オフィス内に十分なスペースがあるかどうかを確認しましょう。たとえ狭いオフィスであったとしても、コーヒーメーカー自体はそんなに場所を取るものではないので、給湯室があればそこに設置するだけでもOKです。「休憩スペース」があるならば、コーヒーメーカーだけでなく、雰囲気にもこだわってみましょう。照明を多少暗くしてみたり、テーブルやイス、ソファといったものを用意すればちょっとしたカフェショップが完成します。工夫次第でいくらでも従業員の憩いの場所を作れるのです。

今はこんなコーヒーメーカーがオススメ!

さて、実際にコーヒーを飲むことのできるメーカーにはどういったものがあるのか、次に見ていきましょう。

1:自動販売機タイプ
最も一般的なタイプとなります。企業が飲料メーカーと契約し、社内、もしくは社外すぐの場所に自動販売機が設置される形となります。誰でも気軽に利用できるというメリットがありますが、特に社内に設置する場合は場所を取ってしまうので、使用目的や企業の規模によって最適な自動販売機を設置するようにしましょう。

2:1度に数杯のコーヒーを抽出するタイプ
いわゆる「ブリュワータイプ」と呼ばれるコーヒーメーカーです。1度に多くのコーヒーを抽出できるので、特に来客があった場合や会議をするとき、セミナーの時など、多くの従業員に短時間でコーヒーを提供することが必要な場合に重宝します。多くのオフィスがこのタイプのコーヒーメーカーを採用しているという現状があります。

3:1度に1杯のコーヒーを抽出するタイプ
専用の機械にコーヒー袋や専用カプセルを設置し、ボタンを押せばドリップが開始されて、1人分のコーヒーができあがるタイプです。その都度1杯ずつドリップされるので、常に新鮮で本格的なコーヒーが楽しめます。味も多くの種類があるので、コーヒーにこだわりがあり、深い味わいを楽しみたい人にはオススメの機械となるでしょう。

いずれのケースにおいても、一流の飲料メーカーが製造に携わっている場合があるので、ホームページなどで情報を確認し契約を検討して、従業員に美味しいコーヒーを提供できるような環境を整えてみましょう。

いかがでしたか。オフィスにおけるひと時の休憩、せっかくだったら短い時間でも大いに楽しみたいものですが、こだわりの味と香りを有するコーヒーを嗜むのもオススメです。今、企業では従業員の福利厚生を重視し、驚くほどの環境(美味しいコーヒーと、癒しの雰囲気に満ちているリフレッシュスペース)を用意しているところもあります。これから導入を検討している企業でも、品質の良いコーヒーメーカーを購入、設置するだけで十分に従業員の癒しとなることでしょう。ぜひ一度検討してみてください。