オフィスデザインのためのメディアサイト

731

2018年5月29日 • インテリア

少しだけの工夫でもOK!オフィスのコーディネートまとめ


企業が働く空間をデザインする時代になった現在、オフィスに工夫をする企業が多くなっています。オフィスの移転やレイアウトの変更など、大規模なオフィスデザインの変更もありますが、既存のオフィスの中でできる工夫も多くあります。オフィスの工夫の中にはオフィス什器やオフィスインテリアなどのコーディネートがありますが、オフィス什器やインテリアを少し変えるだけでも、オフィスの雰囲気を大きく変えることができるのです。

オフィス什器やインテリアの選び方

オフィスで使用されているオフィス什器やインテリアは、新品・中古品の購入、レンタル・リースなどさまざまな方法で手にすることができます。以前は、シンプルなデザインで機能性を重視したものが多く、どれも同じようなものばかりでしたが、最近のオフィス什器は機能性はもちろん、それ以上にデザインにこだわったものが少なくありません。

賃貸オフィスなどでは、オフィス什器を一式、業者に依頼していることも多く、気軽にオフィス什器やインテリアのコーディネートをすることが難しい場合があります。そんなときにおすすめしたいのが、オフィス什器専門の通販ショップです。最近では、オフィス什器よりも価格が安い家庭用のインテリアを設置し、無機質なオフィスではなく、アットホームな雰囲気をつくりだすオフィスも増えていますが、オフィス什器も手ごろな価格で購入ができます。

例えば、オフィスコムでは、オフィス什器をはじめとしたさまざまな備品を取り扱っています。また、オフィス什器の組み立てサービスや廃材の回収を依頼できるところがおすすめです。
また、北欧生まれの家具・インテリアメーカーであるIKEAもオフィス什器を扱っています。家庭用のインテリアが充実している反面、オフィス用のインテリアも数多く取扱っているため、おしゃれなオフィスインテリアを探す企業にぴったりです。

オフィス什器やインテリアは機能性と同様にデザイン性も求められており、多くの企業がさまざまなオフィス什器やインテリアを販売しています。そのため、選ぶのもとても難しいです。
オフィスデザインやレイアウトの変更を行なう場合は、デザイン会社にオフィス什器ごと依頼することもできますが、自分でオフィス什器やインテリアの購入を決断するのは勇気のいる行動かもしれません。そんなときは、オフィスデスクにおける小物やちいさなものから選び始めるのがポイントです。すべてを初めから変えていくのではなく、既存のオフィスの空間にとってプラスαになるオフィス什器やインテリアを見ることから始めましょう。

オフィスでできる小さな工夫

オフィスでできる小さな工夫の代表となるのが、オフィスデスクに使用できる小物です。どのオフィスにもあるオフィス什器のひとつがデスクです。そのデスクに可愛さや清潔感をプラスすることでオフィスの空間に小さな変化をもたらし、さらに従業員のモチベーションを上げることにもつながります。

デスクには、実用性とデザイン性を兼ね備えた小物が必要です。そのため、置くだけでかわいいおしゃれな小物をおすすめします。

ひとつ目は、oodesignのうさぎのペン立てです。ホワイト、ライトブラウン、ブラウンのかわいすぎない3色で大人上品なかわいさを持つペン立てになります。従業員の個々のデスクに置くのももちろんですが、受付や来客用のデスクに置くことでかわいいすっきりとしたオフィスに見せることができます。

ふたつ目は、富山のガラス作家平野絹子さんがつくるペーパーウエイトtreeです。ガラスの中に木を閉じ込めたペーパーウエイトで、オブジェとしてもおしゃれでかわいい小物です。観葉植物を置くオフィスも多い中、デスクに観葉植物を置くのは難しくても、デスク小物に自然を取り入れることで爽やかな雰囲気を作り出せます。

そしてデスクに欠かせないのが収納です。デスクをすっきりさせるためにも収納アイテムは必需品です。

ひとつ目は、margheritaのペンスタンドです。オフィスのデスクには細々したものが多く、片付けているつもりでも散らかって見えてしまうことがあります。これは、横長タイプのペンスタンドで、付箋なども収納できるようにペンスタンド内の仕切りを自由に変えることができます。収納したいものに合わせて中の仕切りを移動させることで、無理のない収納を可能にします。

オフィスという大きな空間の中では小物ひとつひとつに目が行き届きにくいですが、オフィスを訪れるお客様はオフィスの小さな工夫が目につくものです。小物にさりげなく気を遣った工夫をすることで、オフィスのおしゃれ度がアップします。

働きやすい空間をつくるコーディネート

オフィスは、従業員にとって働きやすい空間であることが重要です。オフィスを訪れるお客様に良い印象を持ってもらうことも同じように重要です。そんなオフィス空間をつくるのが、オフィス什器やインテリアになります。では、働きやすいオフィスをつくるためには、オフィス什器やインテリアをどのようにコーディネートすればいいのでしょうか。

オフィス什器やインテリアは、オフィスデザインを依頼した業者が一括で管理している場合もあり、なかなか大きく変化させることが難しいかもしれません。しかし、その中でも従業員が働きやすいオフィスをつくるためにコーディネートすることはできます。オフィス什器のニーズは増え、通販などで簡単に購入やレンタル・リースすることができます。
例えば、クリエイティブな業種の企業は、クリエイターのモチベーションを上げるために、空間の構成を仕事に集中できる環境を特化させ、オフィスらしさを少なくし、モダンな配色、空間をコーディネートしました。その結果、オフィスの雰囲気に興味を持つ人が増え、新規採用募集数が大幅に向上しました。
また、旅行関係の企業では、接客ブースを遊び心溢れる空間にコーディネートし、ポップな配色と家庭用インテリアを合わせることで話題性や接客満足度の向上につなげることができました。

オフィスのコーディネートは既存のオフィス什器を変えることではなく、オフィス空間を企業のテーマに合わせて統一させることが必要です。オフィス什器やインテリアを変えることなく、DIYに使用される小道具で色を変えたり、床材や壁材のシールを使うなど簡単にオフィスをリメイクすることもできます。オフィスを変えるタイミングは、変えたいと気付いた今という瞬間から始まっています。オフィスをコーディネートするのは、企業自身です。

オフィス空間は、企業そのものを表しています。企業のこだわりや特色と従業員の働きやすさを兼ね備えたオフィスをコーディネートすることが大切です。
ひとつひとつのオフィス什器が気に入ったものでも、統一感やオフィスにテーマがなければコーディネートにはなりません。そのためにも、オフィスの中をどのようにつくりあげるか、ひとつひとつに工夫が必要です。
オフィス空間を見直し、オフィスをコーディネートすることでより良いオフィスをつくりましょう。