オフィスデザインのためのメディアサイト

インテリア Category

494

2018年5月29日 • インテリア

少しだけの工夫でもOK!オフィスのコーディネートまとめ

企業が働く空間をデザインする時代になった現在、オフィスに工夫をする企業が多くなっています。オフィスの移転やレイアウトの変更など、大規模なオフィスデザインの変更もありますが、既存のオフィスの中でできる工夫も多くあります。オフィスの工夫の中にはオフィス什器やオフィスインテリアなどのコーディネートがありますが、オフィス什器やインテリアを少し変えるだけでも、オフィスの雰囲気を大きく変えることができるのです。

オフィス什器やインテリアの選び方

オフィスで使用されているオフィス什器やインテリアは、新品・中古品の購入、レンタル・リースなどさまざまな方法で手にすることができます。以前は、シンプルなデザインで機能性を重視したものが多く、どれも同じようなものばかりでしたが、最近のオフィス什器は機能性はもちろん、それ以上にデザインにこだわったものが少なくありません。

賃貸オフィスなどでは、オフィス什器を一式、業者に依頼していることも多く、気軽にオフィス什器やインテリアのコーディネートをすることが難しい場合があります。そんなときにおすすめしたいのが、オフィス什器専門の通販ショップです。最近では、オフィス什器よりも価格が安い家庭用のインテリアを設置し、無機質なオフィスではなく、アットホームな雰囲気をつくりだすオフィスも増えていますが、オフィス什器も手ごろな価格で購入ができます。

例えば、オフィスコムでは、オフィス什器をはじめとしたさまざまな備品を取り扱っています。また、オフィス什器の組み立てサービスや廃材の回収を依頼できるところがおすすめです。
また、北欧生まれの家具・インテリアメーカーであるIKEAもオフィス什器を扱っています。家庭用のインテリアが充実している反面、オフィス用のインテリアも数多く取扱っているため、おしゃれなオフィスインテリアを探す企業にぴったりです。

オフィス什器やインテリアは機能性と同様にデザイン性も求められており、多くの企業がさまざまなオフィス什器やインテリアを販売しています。そのため、選ぶのもとても難しいです。
オフィスデザインやレイアウトの変更を行なう場合は、デザイン会社にオフィス什器ごと依頼することもできますが、自分でオフィス什器やインテリアの購入を決断するのは勇気のいる行動かもしれません。そんなときは、オフィスデスクにおける小物やちいさなものから選び始めるのがポイントです。すべてを初めから変えていくのではなく、既存のオフィスの空間にとってプラスαになるオフィス什器やインテリアを見ることから始めましょう。

オフィスでできる小さな工夫

オフィスでできる小さな工夫の代表となるのが、オフィスデスクに使用できる小物です。どのオフィスにもあるオフィス什器のひとつがデスクです。そのデスクに可愛さや清潔感をプラスすることでオフィスの空間に小さな変化をもたらし、さらに従業員のモチベーションを上げることにもつながります。

デスクには、実用性とデザイン性を兼ね備えた小物が必要です。そのため、置くだけでかわいいおしゃれな小物をおすすめします。

ひとつ目は、oodesignのうさぎのペン立てです。ホワイト、ライトブラウン、ブラウンのかわいすぎない3色で大人上品なかわいさを持つペン立てになります。従業員の個々のデスクに置くのももちろんですが、受付や来客用のデスクに置くことでかわいいすっきりとしたオフィスに見せることができます。

ふたつ目は、富山のガラス作家平野絹子さんがつくるペーパーウエイトtreeです。ガラスの中に木を閉じ込めたペーパーウエイトで、オブジェとしてもおしゃれでかわいい小物です。観葉植物を置くオフィスも多い中、デスクに観葉植物を置くのは難しくても、デスク小物に自然を取り入れることで爽やかな雰囲気を作り出せます。

そしてデスクに欠かせないのが収納です。デスクをすっきりさせるためにも収納アイテムは必需品です。

ひとつ目は、margheritaのペンスタンドです。オフィスのデスクには細々したものが多く、片付けているつもりでも散らかって見えてしまうことがあります。これは、横長タイプのペンスタンドで、付箋なども収納できるようにペンスタンド内の仕切りを自由に変えることができます。収納したいものに合わせて中の仕切りを移動させることで、無理のない収納を可能にします。

オフィスという大きな空間の中では小物ひとつひとつに目が行き届きにくいですが、オフィスを訪れるお客様はオフィスの小さな工夫が目につくものです。小物にさりげなく気を遣った工夫をすることで、オフィスのおしゃれ度がアップします。

働きやすい空間をつくるコーディネート

オフィスは、従業員にとって働きやすい空間であることが重要です。オフィスを訪れるお客様に良い印象を持ってもらうことも同じように重要です。そんなオフィス空間をつくるのが、オフィス什器やインテリアになります。では、働きやすいオフィスをつくるためには、オフィス什器やインテリアをどのようにコーディネートすればいいのでしょうか。

オフィス什器やインテリアは、オフィスデザインを依頼した業者が一括で管理している場合もあり、なかなか大きく変化させることが難しいかもしれません。しかし、その中でも従業員が働きやすいオフィスをつくるためにコーディネートすることはできます。オフィス什器のニーズは増え、通販などで簡単に購入やレンタル・リースすることができます。
例えば、クリエイティブな業種の企業は、クリエイターのモチベーションを上げるために、空間の構成を仕事に集中できる環境を特化させ、オフィスらしさを少なくし、モダンな配色、空間をコーディネートしました。その結果、オフィスの雰囲気に興味を持つ人が増え、新規採用募集数が大幅に向上しました。
また、旅行関係の企業では、接客ブースを遊び心溢れる空間にコーディネートし、ポップな配色と家庭用インテリアを合わせることで話題性や接客満足度の向上につなげることができました。

オフィスのコーディネートは既存のオフィス什器を変えることではなく、オフィス空間を企業のテーマに合わせて統一させることが必要です。オフィス什器やインテリアを変えることなく、DIYに使用される小道具で色を変えたり、床材や壁材のシールを使うなど簡単にオフィスをリメイクすることもできます。オフィスを変えるタイミングは、変えたいと気付いた今という瞬間から始まっています。オフィスをコーディネートするのは、企業自身です。

オフィス空間は、企業そのものを表しています。企業のこだわりや特色と従業員の働きやすさを兼ね備えたオフィスをコーディネートすることが大切です。
ひとつひとつのオフィス什器が気に入ったものでも、統一感やオフィスにテーマがなければコーディネートにはなりません。そのためにも、オフィスの中をどのようにつくりあげるか、ひとつひとつに工夫が必要です。
オフィス空間を見直し、オフィスをコーディネートすることでより良いオフィスをつくりましょう。

続きを読む

254

2018年5月22日 • インテリア

こんなところにも着目したい!オフィス内にある様々なサイン

皆さんは、街中を歩いていて様々な「サイン」に出会ったことがないでしょうか?「○○(目的地)まで~キロ」「駐車禁止」「60キロ制限」といった道路標識から、バス停や電車の停車駅の場所を表した案内版まで、実に多種多様なサインに街は彩られています。企業においてもこのサインは非常に重要なものであり、従業員や外部からのお客様にとっての分かりやすい(オフィス内の)道しるべとなっているのです。今回はこの、オフィス内にある様々なサインについて検証していきます。

エントランスサインはお客様への道しるべ!

オフィスにおけるサインに関してまず真っ先に導入したい箇所が、エントランス部分となります。お客様が商談などで当該企業を訪れた時、どこに向かったら良いのか戸惑うケースも少なくありません。そんな時に様々な形でサインがあれば、迷うことなく商談に臨むことができるでしょう。また、そうした配慮により、企業の評判を上げることにもつながるのです。

それでは、どういった種類の「エントランスサイン」が考えられるのか、次に見ていきましょう。

1:スタンド式看板
企業の入口、外側部分に置くことのできる、最も一般的なエントランスサイン(看板)となります。まさに企業の「顔」にもなるので、オフィスの雰囲気にマッチするようなデザインの看板を作成しましょう。夜になったらライトアップするなどの工夫をすれば、さらに目立って分かりやすいサインになります。

2:カタログスタンド
企業の紹介や特徴などをまとめたパンフレット(会社案内や社報など)を収めておくスタンドです。ロビーなどに置いて閲覧自由な形にしておけば、特にリクルーターへのアピールとなるでしょう。

3:パーテーション
オフィス内では「間仕切り」として活躍するパーテーションも立派なサインになります。ベルトやロープといったものを取り付ければ、歩くべき順路が分かりやすくなりますし、まさに「道しるべ」としての役割を果たしてくれます。

4:パネルスタンド
ロビーに設置し、企業の概要や理念、オフィスへの順路やフロア紹介といったものを掲示すれば、立派な案内板としての役割を果たしてくれます。縦長、横長といったもの、さらにはデザイン性に富んだものもあるので、企業のアピールには最適なサインと言えるでしょう。

以上紹介してきたもののほかにも、近年では人が近づくだけで音楽が流れるシステムのものや、プロジェクションマッピングの技術を駆使したものなど、見た目にも鮮やかなエントランスサインを導入している企業も増えてきています。

お好みのものを選ぼう!サインのデザインいろいろ

一口にサインといっても、材質などその種類にはいろいろなものがあります。企業のイメージに沿ったものを選べば、大いにアピールすることができるでしょう。以下に、その種類を検証していきます。

1:カッティングシートデザイン
平面的なものであり、直接オフィスの壁やドアなどに貼りつけて使用することができます。コストがあまりかからず、かつシンプルに情報を伝えられるデザインなので、多くの企業が採用している、最も一般的なサインとなります。

2:無色透明のアクリル板デザイン
先ほど挙げたカッティングシートを、アクリル板などに貼りつけて壁に設置するものです。多種多様なデザインに対応可能で、こちらも定番となっているサインです。

3:切り文字サイン
アクリル板サインのうち、文字だけを切り取って壁に貼り付ける方式になります。文字に厚みが出るので、より高級感を演出することができます。また、素材を変えるだけで雰囲気を一変させることも可能です。

4:LEDサイン
近年蛍光灯に取って代わって新たな照明の素材となっている、LEDを駆使したサインも増えてきています。切り文字サインと組み合わせることによって鮮やかな見た目になります。例えば文字の一部を明るくしてみたり、背面から照らすことによって立体感を演出すことが可能です。

以上の様な材質のサインがあります。コストと相談のうえ、自企業のアピールにピッタリと思われるものを取り入れてみましょう。

エントランス以外にも作れる様々なサイン

サインは、エントランス以外にも様々な場所に作ることができ、お客様に対する企業のアピールになったり、さらにそこで働く従業員にとっても企業の個性を感じながら仕事をする一助になります。

例えば、受付に設置されていることも多い内線電話が挙げられます。総務などの電話表を、プレートに紙をはさんでおいたり、天板に直接文字を貼りつけるといった工夫が考えられるでしょう。

企業の理念が書かれたメッセージを壁やガラスに貼りつけておくのも面白いサインと言えるでしょう。従業員がよく通る通路などに掲げておけば仕事に対する意識を高めるのにも役立ちます。

そして、サインは必ずしも壁に貼り付けるだけのものではありません。視野を広げて、天井や床などにも貼り付けることを意識してみましょう。床や天井に、各フロアの案内となる矢印などを付けておくと、オシャレで気の利いたサインにもなります。目障りにならない程度に貼りだすようにすれば、デザイン性に富んだ一味違うサインとなることでしょう。

そして、立体的にサインを貼り付けるのも一考です。企業のロゴはサインの代表的なものとも言えますが、内線電話などの下に敷いてみたり、ソファのように配置すれば一風変わっていて存在感も出てきます。

このように、一見何の変哲もないサインでも、デザインの工夫次第でお客様や従業員の注意を惹き、色々な意味で仕事に好影響をもたらしてくれることでしょう。

いかがでしたか。企業を外部にアピールする一つの手段にもなる「サイン」は、エントランスを始めとして、オフィスのいたる部分に設置することができます。ただ単純に平面上に貼り付けるだけでなく、床や天井、そして立体的に貼り付けるのもオススメです。お客様に対して良い印象を与えられるよう、押しつけがましくならない程度に、そしてコストもよく検討した上で積極的に導入してみましょう。

続きを読む

271

2018年4月19日 • インテリア

オフィスのレイアウトに合わせてオフィス家具の選定を行おう

オフィスには、家具が欠かせません。FAX機やコピー機といったものから、デスクやイスといった従業員に直接的に関係するものまで、仕事をする上で様々なフォローをしてくれる存在であり、スムーズな業務の遂行になくてはならないものです。今回は、オフィス内のレイアウトに自然に溶け込むような家具にはどういったものがあるのか紹介し、その長所や短所などを検討していきます。

時代とともに変化するオフィスに対応した家具を!

社会が日々変化し成長・衰退するのと同様に、企業も日々の経済活動の中で成長と衰退を繰り返します。それは、オフィス内の人員増加を始め、必要となる家具の変化など具体的な形となって表れてきます。そうした変化(レイアウトの変化)に対応するため、特にオフィス家具は常に慎重な選定が必要となってきます。変化に対応できなければ仕事の効率が悪くなり、利益追求と言う企業の本来の目的を達成できないかもしれません。

さてそれでは具体的に、どういったオフィス家具を選定していけばいいかを考えていきましょう。まずは、デスク作業に欠かせない「イス」です。イスは当然ながら毎日座るものなので、場合によっては劣化することもあるかもしれません。その都度修理するという方法もありますが、座り心地が徐々に悪くなり、腰痛の原因になることもあります。レイアウトの変更を機に新しいイスを導入する、というのはどうでしょうか。近年では身体に合わせてリラックスできるような座り心地を目指したイスも多く開発されており、デザイン性に富んだものもあります。従業員の健康面のみならず、オフィス内も華やかな見た目になることでしょう。

次に考えるべきは、デスクです。パソコンや書類など、様々なものを置いておくのに最適なデスクもまた、時代の変化に対応できるものを導入したいところです。急な人員増加や業務上新たに何台もパソコンを置きたいと考えた時、従来のデスクでは対応しきれないかもしれません。そんな時に有用となるのがフレキシブルに対応できるデスクの存在です。比較的簡素な作りでしかも折り畳み式なので移動させやすく、横長なものも多いので、一つのデスクで多くの従業員が利用可能となっています。積極的に導入を検討して、変化に対応するのが当たり前の現代のビジネスシーンにおいて役立てましょう。

収納上手は仕事上手!?収納用のオフィス家具を考える

仕事をしていると、特に紙の書類などが大量に発生します。そうしたものは意識していないとどんどん溜まっていき、気が付けば従業員がオフィス内で動く動線が狭くなり、思ったような仕事ができなくなるかもしれません。そこで重要となってくるのが、そうした書類を収納する専用の棚ですが、これにも様々な種類、特徴があり、オフィス内のレイアウトに応じて導入していきたいところです。以下に紹介していきましょう。

まず、オープン型の収納棚です。これは扉が無く、内部に仕切り板があるだけのタイプです。どこに何があるかが分かりやすく、また取り出しやすさでも他のタイプのものと比べ群を抜いています。ただし、セキュリティ面において不安があり、地震などが起こると中身が飛び出してしまうという不安があります。利便性と安全面のバランスをよく考慮しましょう。

次に、いわゆる「観音開き」と呼ばれる、両サイドに扉がついているタイプのものです。扉を開閉するためのスペースがいるため、狭いオフィス内ではかえって邪魔になってしまう恐れもありますが、カギが付いているものもあるのでセキュリティ面も安心です。

3つ目は、扉を横にスライドするタイプのものです。観音開きタイプのように、書類を探す際にスペースを取らず、さらにカギ付きのものはセキュリティ面も安心です。片方ずつしか開かないので、目的の書類を探すのに多少時間がかかってしまうかもしれません。中はきちんと整理整頓しておき、取り出しやすくしておきましょう。

以上のような各種収納棚を、オフィス内のレイアウトに合わせて適宜利用しましょう。

レイアウトに合わせたオフィス家具は他にもある!

レイアウトに合わせて選定を考えるべきオフィス家具は、イスやデスク、収納家具といった代表的なものの他にもいくつかあります、

まずは、パーテーションです。この家具は、オフィス内の様々な場面において使えるものとなっています。例えば、手狭なオフィスで会議室や業務室、応接室など、業務の内容に応じて独立したフロアが作れないレイアウトの場合は、パーテーションを利用すれば、簡易的ではありますが区切りを作ることができます。情報が外部に漏洩する(パソコンの画面を見られるなどの)心配がなくなり、セキュリティ面が多少なりとも強化されるという長所も考えられます。またプログラマーやシステムエンジニアなど、パソコンを使って作業する人が多いオフィスの場合は、パーテーションを利用することにより一人一人が作業に集中しやすいように外界からの情報をシャットアウトする、という役割が期待できます。

次に、コピー機やFAX機、そしてスキャナーなどです。近年ではこうした機能(コピー、FAX、スキャン)が統合された、いわゆる「複合機」を使う企業も増えてきていますが、自ずと機器も大きなものとなります。小規模な企業でオフィス内の面積もあまり広くないところでは、こうした複合機を一台置くことであっという間に従業員が窮屈さを感じてしまうかもしれません。例えばオフィス内ではFAXしか使わない、という状況であれば、思い切ってFAXの機能しかついていない(=機器が比較的小さい)ものを購入するというのも1つの手です。ムダに面積を使わないというコンセプトに基づいたオフィス家具の配置方法、と言えるでしょう。

いかがでしたか。オフィス内には仕事上、様々な家具を置く必要がありますが、レイアウトに合わせたものでないと、かえって仕事の邪魔になる恐れもあります。よく検討をし、仕事において様々なフォローをしてくれるような家具を選ぶようにしましょう。

続きを読む