オフィスデザインのためのメディアサイト

インテリア Category

161

2017年12月4日 • インテリア

役員スペースにオススメのオフィスデザインとは

企業のトップとして、経営指針を決める役割を持つ役員達。会長、社長を筆頭に、取締役、重役クラスの人達のことをさしますが、そんな彼らが普段の仕事をするオフィススペースは、やはりそれ相応の「格」を感じさせるものであると同時に、透明性のあるところでなければなりません。役員スペースに適するオフィスデザインにはどういったものがあるのか、見ていきましょう。

役員スペースのレイアウト作成で必要なこと

まず、レイアウトを作成するにあたって役員スペースがどれくらいの重要性を持っているのかを考えていきましょう。役員といえば、企業の中でも業務上非常に重要な役割を担う役職となります。当然のことながら、仕事のしやすい環境を最優先に整えなければなりません。彼らの働き無くして、企業がまともな利益追求活動を行うことは到底不可能だからです。そのためにも、そこで働く一般の従業員よりもオフィスデザインには細心の注意を払い、どのようなものが良いのかを熟考する必要があります。

具体的なポイントは2つあります。
まず、働きやすさを重視するのはもちろん、役員スペースには他企業からの来訪者が来る場合も多いので、デザイン性に富んだオフィススペースを作り出すということ。もう1つは、他の従業員とのコミュニケーションを取りやすいスペースを作り出すということです。
前者に関しては、企業の象徴ともいえる場所になるので、来訪者が来ても恥ずかしく無い、格調の高いオフィス家具などを設置しましょう。後者に関しては、役員と従業員とのコミュニケーションが企業内活動にとって重要であり、目の届きやすい場所にあることで、順調な企業運営が可能になるという側面があります。

役員スペースのオフィスデザインを考える

それでは、一般業務室よりもグレードの高い役員スペースのオフィスデザインとは具体的にどういったものか、検証してきましょう。

まずは、前段にも挙げたように「高級感あるデザイン」を目指すことが大切です。企業の最前線とも呼べる場所ですから、部屋内の壁紙や床部分、オフィス家具などといったものには気を配りましょう。例えば色合いの豊かな壁紙、木目調などの落ち着いたデザインの家具、厚みのある絨毯など高級感を出す工夫はいくらでもできるはずです。テレビで放送されているような、豪華な作りの一軒家などをイメージしてみるのも良いかもしれません。周りとも相談して、まずはパソコン上などで仮想空間を作り上げてみましょう。

高級感を作り出すだけが役員スペースに必要なことではありません。当然のことながら「仕事のしやすさ」を追求したレイアウトも考え出す必要があります。この部分においては、一般業務室と同様の考え方で机の配置やオフィス家具の置き方を考えるようにしましょう。

そして最終的に行うべきことは、やはり役員本人に「どのようなデザイン、レイアウトが良いか」という聞き取りを直接行うことです。一般の従業員に比べれば役員の人数は少ない場合が多いので、意見も集約しやすく、またその意見をオフィスデザインとして反映させやすくなります。

透明性を持たせることも重要!

役員スペースは企業のトップシークレットと呼べる場所であり、経営方針などを決定する重要な場となります。しかしながら、そこには同時に「透明性」も必要となってきます。

近年、企業の不祥事が大きなニュースとして取り上げられることも珍しくなくなってきました。そうした事件のキーワードとしてよく挙げられるのが「経営の不透明性」です。密室内で行われる企業経営方針の決定の仕方には、世間から批判が多く寄せられる場合もあります。企業の社会的責任という観点から、倫理的な自主活動を通じて社会に貢献するCSR経営、特にテレビ業界で近年テーマとなっているコンプライアンスの遵守、そして何よりも経営の透明性が現代の企業には求められているのです。

こうした慣習(密室談義による経営の不透明性)を世間のマイナス評価につなげないためにも、役員スペースには透明性を持たせなければなりませんが、デザインの工夫による「可視化」という方法によって比較的容易に実現できる場合があります。具体的には、外からも見えるガラス張りのデザインにする、また大部屋にすることによって話が通りやすくなるような、開放感溢れる雰囲気を作り出すといったデザインの考案があります。そうすることで、自由でオープンな環境ができあがり、意思決定にも透明性が出てくることでしょう。

一般業務室と役員スペースの合体も検討しよう!

役員スペースと言えば、先ほども挙げたように密室というイメージが強いですが、近年では一般業務室と役員室が同じフロア内に同居しているというケースも珍しくありません。まさに究極の「開放感のある役員スペース」とも言えますが、どういったコンセプトとなっているのでしょうか。

まず考えられるのが「意思決定の場所と実際に働く場所をつなげる」という点です。オフィス内の違う階層(最上階など)で、業務室とは遠い所にある場合も珍しくない役員スペースですが、一般従業員は役員スペースに仕事上の報告に行くだけでも緊張感によるストレスを感じるのに加えて移動という手間もあります。まさに風通しのよくない企業形態とも言えますが、これを一体化することにより、役員クラスと一般従業員の間にある心理的垣根が取り払われ、普段の仕事において上層部との意思疎通が図りやすくなります。特に小規模のオフィスであれば、コミュニケーションの活発化も可能となるでしょう。

しかしながら、オープンすぎる雰囲気だと来訪者が戸惑ってしまう可能性があるので、役員スペースにパーテーションを置く必要性が出てくるかもしれません。そんな時でもあくまで開放感を重視するならば、ガラス製で可動式のパーテーションを利用することにより、来訪者が来た時だけそれを使用することで、安心して商談を行うことができるでしょう。

以上見てきたように、役員スペースは企業の最前線とも呼べる場所なので、来訪者が来た時などにも備えて部屋内は豪勢な雰囲気のデザイン、そしてレイアウトにする必要があります。ただし、近年は企業経営の「透明性」も問われている時代です。密室性の高いものでは批判が出ることもあるので、できるだけオープンなスペースを作り出すことに尽力しましょう。

続きを読む

184

2017年11月30日 • インテリア

実際に見てみたい!おしゃれなオフィスデザイン実例

おしゃれなオフィスは、企業のイメージを反映させ、印象を左右することができるだけでなく、社員のモチベーションを上げ、業務の効率を上げることにつながります。
おしゃれなオフィスは、小さな工夫ひとつからでも作ることができます。では、企業はどのようにおしゃれなオフィスを作っているのでしょうか。他企業や人々から「真似したい」、「見てみたい」と思われるオフィスデザインを見てみましょう。

統一性のあるコンセプトを持つオフィス

オフィスは、社員が1日の大半を過ごす空間です。そのため、企業にとって理想のオフィスデザインであると同時に社員にとっても働きやすく、過ごしやすい空間である必要があります。オフィスデザインは家のインテリア同様、それぞれの企業がこだわりを持って作り出すものになりました。だからと言ってトレンドや流行だけを追い求めるのではなく、「こんなオフィスを作りたい」、「社員が働きやすい環境にしたい」などの理想とともに統一されたオフィスデザインコンセプトが必要になります。
おしゃれなオフィスにするには、全体のバランスがとても大切です。そのため、流行やトレンドに合わせ、多様なオフィス什器やインテリアを導入してもバラついた印象になってしまいます。企業の特色や理想を活かした具体的なコンセプトを持ち、バラついた印象をなくしていきましょう。

オフィスの設計デザイン・内装工事・設備工事を行う株式会社MACオフィスでは、初めにオフィスの現状を把握し、問題点を調査します。そのうえで企業の要望をより明確にし、満足度の高いオフィスを作っていくのです。 例えば、大阪市にある歯車設計製造業の企業では、「オフィス全体に木の温かみを取り入れたい」という要望からログハウスとオフィスの融合という形でオフィスデザインを作りました。オフィス什器を木を基調としたもので揃えることを始め、全体の印象を統一させることを心がけていきました。 オフィスの全てを作り変えるわけではなく、必要な箇所の変更や、オフィス什器の選定をすることでオフィス全体のバランスを整えることができるのです。

【施工事例:株式会社MACオフィス・オフィスプランニング丸池】

空間を活用した働きやすいオフィス

オフィスデザインは、オフィス空間という決められた広さや条件の中で、できる限りのレイアウトを考えていくものです。そのため、オフィスの空間をいかに利用し、活用するかがポイントになるのです。企業にとって業務に必要なスペースの確保、スペースの配置や割合など、オフィス空間の形や広さに合わせて構成していかなければなりません。そのため、おしゃれなオフィスデザインには空間のゾーニングが大切なポイントになります。

企業がオフィスを選ぶ一般的な条件として、立地や家賃、社員数や業務内容などがあげられます。その中でオフィスの広さや形については二の次になっていることが多くあります。そのため、オフィスデザインを基にオフィス空間を決めるのではなく、オフィス空間に合わせたオフィスデザインを作ることが必要になるというわけです。
「空間を活かしたオフィスデザインを作成する」と言ってもなかなかできるものではありません。では、おしゃれなオフィスデザインを実現させるために必要なこととはなんでしょうか。

オフィスデザインを作成するためには、デザインを専門に行う業者に協力を求めるのが一番です。オフィスデザインの根本は社員が働きやすい動線を作り、なおかつ企業イメージに合ったものであることなので、オフィス空間を最大限に活かすための客観的な視点が必要になります。
株式会社MACオフィスの事例として、大阪市にあるオール電化の販売を行う企業では、社員の増員に伴うオフィスの拡大と企業イメージに合った斬新さとおもしろさを兼ね備えたオフィスデザインを要望されました。しかし、そのビルの規定により、天井設備の改修ができず、照明機器や造作壁の提案ができない状態でした。しかし、柱や壁面の装飾やいくつかのパーテーションを駆使することで他では見ない色使いと企業イメージにマッチしたオフィス空間を作り上げました。
おしゃれなオフィスを作るには、このように企業の要望とともにオフィスビルやオフィスの条件に合わせ、空間を活かしたオフィスデザインが必要になります。

【施工事例:株式会社MACオフィス・オフィスプランニング丸池】 

おしゃれなオフィスデザインを作成するには

オフィスデザインの変更は、オフィスを新しく作るだけでなく、現状のオフィスを基にすることも可能です。すべての企業が大規模なオフィス改修を行うことは難しいものです。では、小さな変化として、おしゃれなオフィスを作るポイントはどこにあるのでしょうか。そのポイントは大きく分けて6つあります。

1.ニュートラルなカラー
極端な配色を避け、中立的な色をベースにしてアクセントカラーを使用することによって、メリハリのあるオフィスにすることができます。また、木や金属などの素材感を足すことでラグジュアリーな雰囲気を出すことも可能です。
2.観葉植物
オフィスに観葉植物を置くことは見た目を良くすることにもつながりますが、無機質なパーテーションのみを使用するよりも観葉植物で空間を区切れば、開放的な雰囲気を保つこともできます。オフィスの印象を明るくするワンポイントとしておすすめです。
3.照明機器
照明は、白色や暖色の色味だけでなく、調光を付けることで雰囲気が大きく変わります。照明機器を変更するだけなので手軽に実行できます。
4.壁紙・床材
視覚的にオフィス空間の広さや圧迫感を大きく変化させるのが、壁と床です。つまり壁材や床材を変えることは、オフィスの雰囲気を大きく変えることになります。DIYが流行している現在では壁材や床材も種類が多く、変更も容易になっています。
5.家庭用インテリア
オフィス用の什器やインテリアは事務的なものが多く、大きな種類の変化がありません。そこで種類も豊富な家庭用のインテリアを使用すると、オフィス用のインテリアと比べてリーズナブルなものが多く、多彩なので簡単におしゃれなオフィスを演出できます。
6.リフレッシュスペースの充実
おしゃれなオフィスの代名詞と言えば、リフレッシュスペースです。社員の集中力やオンオフの切り替えのため、リフレッシュスペースに力を入れる企業が増えています。社内のコミュニケーションを図る場として配置しましょう。

企業には、それぞれの特徴や個性があります。人々がおしゃれだと感じるオフィスにもさまざまな個性があります。おしゃれなオフィスの真似をしているからおしゃれなオフィスになるのではなく、企業それぞれの個性やコンセプトを基に企業がオフィスを成長させて作り上げることでおしゃれなオフィスになるのです。
企業の特徴とオフィス空間の特徴を活かしながら、企業や社員にとって働きやすい環境を作ることがオフィスデザインの大切な役割になります。背伸びをしすぎないおしゃれなオフィスデザインを心がけましょう。

続きを読む

160

2017年11月15日 • インテリア

どこがどう異なる?海外と日本のオフィスデザインの違い

戦後日本は高度経済成長に伴い、地理学的に(面積に)制約があるにもかかわらず、先人が知恵を振り絞って仕事のしやすいオフィスというものを作り上げてきました。そして現在においてはデザイン性に富んだものも生み出され、従業員が働きやすい環境が整いつつあります。今回はそんな日本のオフィスデザインの特徴を紹介し、海外の最先端のオフィスデザインの特徴と比較し、その違いの分析を通して、日本のオフィスデザインにおける今後の進化の可能性を探っていきます。

日本のオフィスデザインの特徴とは

日本では比較的国土の狭い土壌をうまく活かし、さらに仕事に対して勤勉であり「全体の和」を重んじる日本人の特質を利用したオフィスデザインが歴史上生み出されてきました。その具体的な特徴をプラスとマイナスの両面から見ていきましょう。

・仕事上のコミュニケーションを円滑にするために「島型」と呼ばれる、横並びで向かい合わせにデスクを並べるレイアウトが採用されやすい。
・従業員同士が打ち合わせをする会議室は、1人1人の意見をしっかり聞き、反映させることができるように、広いスペースに効率よくデスクを配置する形が奨励される。
・狭い空間をフル活用するため、1つのフロアに所狭しとオフィス什器や荷物が置かれ、さらに複数の部署が同居している場合が多く、雑然としている。
・限られたスペースで仕事をするということを念頭にレイアウトが作られるため、従業員にとって重要な休憩時間を過ごすリフレッシュルームが狭い・もしくは全く無い場合がある。

近年では、海外のオフィスデザインの事例を取り入れる企業も増えてきましたが、その根底にはこれまで紹介してきたような原則があります。こうした原則と、海外の斬新なオフィスデザインをうまくミックスさせることが、オフィス内の働きやすさにおいて今後新たな展開を迎えるカギともなるでしょう。

海外のオフィスデザインの特徴とは

欧米では「個人主義」が浸透しており、仕事においても個人の能力が重視されます。年齢に関係なく成果を残せば出世できますし、逆に失敗は全て自分の責任となります。そしてオフィスデザインも極端に言えば企業としての全体的な成果は二の次で、まず何よりも個人個人が快適に働けるような環境を重視していると言えます。その特徴を見ていきましょう。

・1人1人が仕事に集中できるように、パーテーションなどで部屋が完全に仕切られており、周りの雑音などが届かないようにしている。
・仕事上の連絡をするときも、基本的にはskypeやチャットなど、パソコン上のSNS環境で行い、室内移動などのムダな時間をかけない。
・効率よく仕事をするため、デスクは基本的にスタンディングタイプのものを使用し、フットワークが軽くなるようにしている。
・休憩時に利用できるリフレッシュルームが充実しており、遊び心満載で、ひと時でも仕事を忘れ童心に帰ることができる。

以上のように、海外のオフィスデザインは一般的に、個人が仕事のオン・オフをしやすいような配慮がなされています。雑音に惑わされないので、仕事上において高いパフォーマンスを発揮しやすく、リフレッシュルームで楽しみながら休憩時間を過ごすことで次の仕事への充電となるといった効果が認められます。

海外の例から日本のオフィスデザインの可能性を探る

残念ながら現状では、日本のオフィスデザインは海外のそれらに比べて10年ほど遅れていると言われています。海外に「追いつけ、追い越せ」の精神でデザインを考え出すためには、どのようなコンセプトを念頭に置いておけば良いのでしょうか。

まず、自然(緑など)をうまく取り入れる、ということです。緑は人間に対し、肉体的、精神的な癒しをもたらしてくれます。洗練された空気の中、自然に身をおいているかのような感覚で仕事をすれば、ストレスをためることも少なくなり、パフォーマンスも向上するでしょう。太陽光をうまく取り入れた明るい雰囲気のオフィス、観葉植物をはじめとした豊かな緑の環境の中にあるオフィスデザインなどを積極的に導入するといった取り組みが、今後のオフィスデザインにおいてトレンドになる可能性も高いでしょう。

次に、遊び心を取り入れたオフィスデザインを構想する、ということです。日本人は勤勉で真面目であるが故に、オフィス内も殺風景なデザインとなっていることが少なくありません。そこに少しでもユニークさを取り入れれば、気分転換しやすくなる可能性も高まります。海外では、社長室の壁にバスケットのコートやゴールのペイントが施されていたり、休憩室に卓球台やビリヤード台、ゲーム筐体などが置かれている企業もあります。そうしたちょっとした遊び心が心の余裕を生み、快適な仕事をすることにもつながります。

日本のデザインの可能性~女性従業員を意識したもの

女性従業員が快適に働けるようなオフィスデザインを考え出すということも、海外のトレンドに一歩近づく方法と言えます。

近年、女性の社会進出がめざましくなっており、企業の発展のためにはその力が欠かせません。そういった意味でも、女性従業員に快適に、効率よく働いてもらうために彼女たちが心地よく感じるオフィスデザインを考え出す時代になってきています。海外では「レディファースト」の概念が確立されている国も多く、それをオフィスデザインとして具現化しているオシャレな企業もあります。

例えば、女性をターゲットにした海外のブランドショップなどは、オフィスとショールームが併設され、視覚的にブランドをアピールすることにつながっています。そしてエントランスや会議室、リフレッシュスペースなどにおいてはポップな色使いをふんだんに使用し、女性従業員にとって居心地がよく、なおかつ仕事のしやすい環境を整えることに成功しています。

一方、日本においても女性従業員を意識したオフィスデザイン作りは進んでいますが、セクハラなどの各種ハラスメントが現在社会問題になっているなど、真に働きやすい職場環境になるにはまだまだ道半ばと言えます。今後の発展が待たれる、と言えるでしょう。

以上見てきたように、日本と海外のオフィスデザインの違いは様々あります。日本国内において洗練されたオフィスを有する企業は徐々に増えつつありますが、まだまだ諸外国には遅れをとっている部分もあります。日本らしい個性を保ちつつ諸外国の新しい部分も取り入れ、将来的にはグローバルに模範とされるようなオフィスデザインの構築を目指していきたいところです。

続きを読む