オフィスデザインのためのメディアサイト

トレンド Category

302

2018年5月16日 • トレンド

派手に変更するだけじゃなかった!!最近のオフィス内装とは

従業員が一日の仕事を気持ちよく行うために、オフィスの内装は気を配るべき一つのポイントとなります。しかしながら、人が感じる「居心地の良いオフィス」というものは千差万別。ある人が良いと思っても、他の人にとっては派手すぎて落ち着かない……ということも考えられます。レイアウトを変えることによって誕生する新しいオフィス内装は、必ずしも派手である必要はなく、地味でも機能的であれば十分合格点を与えられるのです。今回はそんな、万人が納得するようなオフィス内装を考えていきます。

オシャレなオフィス作りには、生活感を消すことも大事

近年のオフィスシーンにおいては、IT企業を中心に「オシャレ」なオフィスが増えてきています。おしゃれなオフィスはそこで働く従業員のモチベーションを上げるのに一役買っている、ともいえますが、ただ派手であれば良いというものでもありません。そこには「生活感がなく、仕事に没頭しやすい」というコンセプトがなければならないのです。

社会人として働くにあたって、「仕事」と「プライベート」の境目は基本的にきっちりしておきたいところです。
想像してみてください、平日の朝、家で起きた瞬間はまだまだ身体が脱力状態になっていても、女性ならメイクをしている時、男性ならネクタイを締めてスーツを着た途端に頭の中のスイッチが切り替わるという経験は誰しもあるのではないでしょうか。

こうした「スイッチの切り替え」は、オフィスの内装を変更する時にも重要な要素となってきます。家でのプライベートな空間と同じような雰囲気がオフィスにあったとしたらどうでしょう。いわば「地続き」な状態になっており、なかなか仕事へ切り替えることができないかもしれません。一分一秒を争うビジネスシーンにおいて、こうした「出遅れ」は大げさに言えば致命傷になる可能性もあります。したがって、従業員が即仕事モードになって働きやすいようなオフィスを目指すときは、その場から生活感を消すということも大事になってくるのです。

デザイン性に富んだオフィス什器を置くだけでなく、食事や休憩タイムの時はそれ専用のフロアを作ってみたり、生活感を感じるもの(食器類など)はオフィス内に置かない、ムダな荷物を散乱させない、といった工夫をしてみましょう。そうすることで従業員は、日常生活から仕事モードへと頭の中のスイッチを切り替えやすくなるでしょう。

スペースを有効活用し、オフィス什器に統一感を!

従業員の気分を一新させるために、デザイン性に富んだ派手なオフィス什器を置くのも一つの手段ではありますが、それを効果的な位置に配置できなければ、かえって仕事の邪魔となってしまいます。それを解決する一つの方法は、オフィス内のスペースを有効活用するということです。

普段住む自宅でもそうですが、オフィス内には一定程度のスペースがないと心理的に圧迫感を感じてしまいます。スペースをムダに埋めてしまう原因の一つとなるのが、多すぎるオフィス什器やその配置の悪さです。また、業務上大量に発生する紙の書類がその原因の一つとなる可能性もあるでしょう。これでは仕事の効率も悪くなり、さらに外部から訪れた来訪者に対しても良い印象を与えません。

オフィスに余裕あるスペースがないと、まさに二重三重に会社に悪影響を与えてしまいます。レイアウト変更の機会があったら、ゴチャゴチャしてしまったオフィス内を一新することに全力を尽くしましょう。スッキリさせれば清潔感も出て、仕事への新たなモチベーションにつながります。

また、オフィス内がスッキリしたらスペースもある程度出てくるはずなので、オフィス什器も効果的に置けるはずです。ここでさらに統一感を持たせるようにしましょう。派手すぎるのも考えものですが、かといって地味なのもオフィス内がオシャレとは言い難くなります。ミーティングを開いて従業員の意見を集約しコンセプトを決定、見た目に統一感が取れており、かつ機能的なオフィス什器を配置すれば見た目も良く、従業員が仕事に取り組みやすい環境ができあがることでしょう。

より良いオフィス環境を目指して

デザイン性に富んだオフィス什器が、必ずしも機能面においても優秀であるとは限りません。オフィス内のレイアウトとの相性によっては「無用の長物」となってしまう可能性もあるのです。例えば什器が大きくて場所をとってしまった結果、従業員が普段歩く「動線」をふさいでしまうようなことが起こり、さらに機能面でも操作性が複雑で使いづらいとなると従業員の間でイライラが募り、かえって生産性を低下させる事態にもつながりかねません。

オフィス内のオシャレを重視しつつも、ちょっとした変更でも雰囲気が一変し気分転換になる可能性もあるのです。例えば、職場の窓際に付けられているカーテンの色を変えてみたり、壁や床の配色を変えてみるなど、派手すぎるのは考えものですが、地味な変更でも時にはそこで働く従業員に対して効果的な場合もあります。

これらのちょっとした工夫は、デザイン関係に明るい従業員がいれば別ですが、基本的にはミーティングを重ねても中々これといった名案が浮かんでこない場合も多くあります。そんな時に役立つのは、オフィスデザインを専門に扱う業者に相談する、ということです。彼らは数多くの事例を取り扱っているので、自企業内のオフィス事情を伝えればいくつか候補を挙げてくれるでしょう。その中から最適なものを選び出し、さらに内装工事を担当してくれる業者も別に選んで実際に工事を行ってもらえば、比較的短い時間で多くの従業員が納得できるような、派手過ぎずかつ機能的なオフィス内装に生まれ変わっていることでしょう。

いかがでしたか。オフィス内装を派手に変更することは、確かに従業員の気分を変えるのに一役買います。しかしながら、最近のオフィスは働きやすい機能面においても様々なデザインが開発されています。見た目だけでない、総合的に従業員の生産性を挙げるようなオフィス内装作りを目指しましょう。

続きを読む

622

2018年5月1日 • トレンド

オフィス環境が快適に!取り入れたい最新Iot技術

オフィス設備を効率的に利用できる新サービスとして注目されている最新Iot技術についてご存知でしょうか。lotとは、Internet of things(インターネット・オブ・シングス)のことで、モノのインターネットと呼ばれ、これまで通信機能を持たなかったモノをネットに接続して構築するシステムの総称です。lot技術はオフィスに取り入れることによって、快適な働き方を促す身近な技術になると考えられているのです。
最新lot技術を理解し、オフィス環境を快適に過ごす方法について紹介します。

lot技術を構成する技術要素とは

lot技術は、上記で説明したようにモノのインターネットと呼ばれる技術です。モノにあたるエッジデバイスをインターネットに接続するための中継装置となるゲートウェイを通じて、モノのデータをサーバー上のデータベースに集計します。そのデータを活用していくためには、集計・解析等のツールが必要になります。また、データそのものや解析結果をわかりやすく伝えるためには可視化ツールも必要です。「エッジデバイス」「サーバー」「ユーザー」の流れ、もしくは逆の流れでモノの動きを遠隔地から操作・管理することが可能になります。

lot技術が今までのITと大きく違うポイントは、モノであるエッジデバイスの選択肢が格段に大きくなり、多様化したことです。小さなモノでは指先に載る温度センサーから、大きなモノでは自動車や巨大な建設重機、旅客機まで扱うことができます。エッジデバイスは、温度、画像、加速度を検知するセンサーを搭載して市販されるモノもある一方で、必要であれば自力でつくることも可能です。エッジデバイスのセンサーが検知したデータは、ゲートウェイを通じて収集されサーバーに集積されますが、集積したデータから有益なデータを引き出すためには、データの集積、解析、可視化、制御の技術要素が必要になります。
それぞれの技術要素は、部品、開発環境、クラウドlotサービスとして販売されているものもあるため、買えるものを購入し時間の節約、買えないものは自社ノウハウを投入し確立することになります。

最新lot技術でオフィスを快適に

オフィスでの活用が期待され、着目されるlot技術ですが、今までは工場設備の監視や高齢者の見守りなどに使用されてきました。今後は使い方を多様化することでオフィスでの快適な働き方を可能にする技術として注目されているのです。

オフィスは、従業員の大半が1日の半分以上を過ごす場所です。その中には、レイアウト変更やオフィスデザインの変更などの改善まではされなくとも、従業員の不満が溜まり、ストレスにつながる要素が少なからずあるのではないでしょうか。

例えば、オフィス設備の中でも不満が出やすいのが、エアコンをはじめとする空調機器です。人の出入りが多いオフィス内では温度や湿度などの変化が大きく、感じ方も人によってさまざまです。特に、女性従業員は冷え性の人が多く、ひざ掛けやカーディガンなどを必需品として持っている人も少なくありません。オフィスにいる全員にとって快適な室内温度を保つのは難しいものです。この問題点に対し、lot技術を使用することによって、オフィスの空気状態を可視化して、空調機器の状態を最適化することが期待されています。最近では、二酸化炭素の濃度まで可視化することができるのです。
また、複数の従業員が出入りするオフィスの会議室は、ドアの開け閉めだけで本当に部屋を使用中か判別しづらいものです。ここでは、人感センサーを使用し、使用の有無を判別するlot技術が取り入れられます。意外と多い会議室のカラ予約は従業員の手間や不満を募らせるものになるため、効率性を考えると会議室のリアルタイムの使用状況を可視化することは、オフィスの働き方を効率的に、柔軟に変えることができます。

オフィスを変える最新lotデバイス

オフィスに取り入れたら便利、快適な働き方ができる最新lot製品についていくつか紹介します。

まず、ミーティングルームを効率的に使用できる「Robin」です。このlot技術は、どのミーティングルームに誰がいるのか、リアルタイムに検知することができ、iPhoneやAndroidのアプリから閲覧ができます。これを使用することで、ミーティングルームのカラ予約や空きを探し回る手間もなく、自席を外している同僚をミーティングルームにいながらにして確認できるのです。また、ミーティングルームの利用状況を解析することでミーティングルームごとの利用頻度がわかり、利用が集中するものと利用頻度の低いミーティングルームの把握により、ミーティングルーム自体の問題点を考えるきっかけにもなります。

次に小規模オフィス用のセキュリティに使用できる「Canary」です。これは、ホームセキュリティのデバイスでもあり、広角のHDカメラを搭載していて、部屋の片隅に置くだけで高画質の動画を撮影できます。音や振動、温度などのセンサーもあり、異常を検知するとスマートフォンに動画が送信されます。また、スマートフォンから警告音を鳴らしたり、警察に通報することもできます。

また、消耗品が多いオフィスに便利なのが、Amazonが発表した「Amazon Dash ボタン」です。家庭用Wi-Fiに接続し、専用のモバイルアプリを通じてワンプッシュで商品を注文できます。もちろん家庭用にも使用できますが、オフィスの消耗品管理を簡単に行なうために作られています。二重注文などを防ぐために、配達完了まで、注文の受付が停止させる機能がついていることも魅力です。

そして、オフィス内に自由自在のショートカットボタンを作れるのが、「Flic」です。電話をかける、メッセージを送る、電気のオンオフなど、ボタンひとつでスマートフォンと連動させ実行できます。ボタンをオフィス内に複数取り付けることで、作業を格段に短縮できるでしょう。

オフィスは、会社に勤める従業員や会社を訪れるお客様や他社の社員など多くの人が出入りし、オフィスで1日の大半を過ごす人々にとっては、何気ない小さな問題でもストレスになりうるものが多くあります。そんな小さな問題によるストレスを減少させ、オフィスを快適に過ごすことを促すのがlot技術であると考えられています。
lot技術により、モノが自身の状況を発信し、自社のコンピューターで情報管理することでオフィスのリアルタイム管理が可能になるのです。lot技術を活用していくことがオフィスの働き方を多様なものへと変えていきます。
最新lot技術を理解し、オフィスに取り入れ、オフィスのあり方・働き方を変革していきましょう。

続きを読む

535

2018年4月26日 • トレンド, ワークスタイル

オフィスの雰囲気を良くするおしゃれな工夫6つ

働く環境を企業がデザインしている現代は、オフィスデザインやレイアウト変更など大規模な働く環境の改革だけでなく、企業がオフィスをより良くするために自社でできる小さなレイアウト変更や工夫が行われています。その小さな工夫によってオフィスの雰囲気を変え、より良くすることができるかもしれません。
ここでは、簡単にオフィスの雰囲気をより良くするためのおしゃれな工夫をご紹介します。

おしゃれなオフィスデザインにするポイント

オフィスをおしゃれに見せるために使えるポイントを紹介します。

1:使用するカラーを決める
オフィスデザインや企業の印象などに合わせてオフィスカラーや配色を決めることが大切です。極端な配色は避け、ホワイトやグレーなどをベースに、アクセントカラー、壁や床などにワンポイントとして金属や木材などの素材感をプラスすると、おしゃれな印象に変えることができます。企業の業種などに合わせて活気あるカラフルな配色や、反対にモノトーンの配色にすると個性を加えることができます。

2:観葉植物を置く
癒しやオフィスに明るさを取り入れるために観葉植物を置くオフィスが多数ありますが、デスクや空間の区切りとして観葉植物を置くことで、よりおしゃれな雰囲気をつくることができます。鉢植えだけでなく、壁面緑化や天井に取り入れるなど大胆な配置の例もあります。

3:照明デザインを変える
照明はオフィス全体の雰囲気に関わる大切なポイントです。オフィス空間ごとに明るさや色合いを変えることでメリハリをつけ、オフィスの雰囲気を手軽に変えることができます。

4:壁紙や床材を変える
オフィス空間の大部分は床と壁です。そのため、床材や壁材を変えることは大きく印象を変えることになります。DIYが流行している最近では手軽に壁材や床材を変えることができ、ワンポイントとして壁や床の一部を変更するのも可能です。

5:オフィス什器と家庭用インテリア家具
オフィスで使用されているオフィス什器はシンプルなものが多く、機能性重視のため、見た目にインパクトがないものもたくさんあります。そこでオフィス什器ではなく、家庭用インテリア家具をオフィスに取り入れることでコスト削減やオフィスの雰囲気を変えることができます。

6:リフレッシュできるスペースを充実させる
オフィスの中でも重要視され始めているリフレッシュスペースですが、オンオフの切り替えや従業員のコミュニケーションに必要不可欠です。

エントランスでできるおしゃれな工夫

エントランスは上記のポイントすべてを実現することができる空間です。またオフィスのエントランスは、オフィスの顔であり、第一印象を決める場所になります。エントランスをおしゃれにすることで、従業員のモチベーションだけでなく、訪れるお客様や他社にもより良い印象を持ってもらえるかもしれません。

エントランスのポイントとして、企業が与えたい印象に合ったコンセプトと清潔感を持つことが必要です。
例えば、暖かみを持つエントランスは、照明を暖色にしたり、照明器具を丸いものやデザイン性の高いものにするとより暖かい印象になります。
エントランスの壁や床にDIYの壁材や床材で変化を加えるだけでも、格段におしゃれ度をアップさせることができます。ウッド調のものやラグジュアリーなものを壁や床の一部に取り入れるだけで高級感を持たせることも可能です。DIYは貼るのも簡単ですが、剥がすときも簡単なものが多いため、お試し感覚でデザイン変更ができます。
また、受付の有人無人も大きなポイントです。無人受付システムの導入によりスタイリッシュでスピーディなエントランスを実現できます。
エントランスは多くの人が出入りする場所なので、清潔感を保てるようなレイアウトが理想です。汚れの目立たない素材を使用したり、オフィス什器や家庭用インテリアなどの色も空間に合わせたものを使用してエントランスに統一感を持たせることでおしゃれで清潔感のあるエントランスになります。
さらにエントランスに待合室があるオフィスも多く、人を待たせる機会も多いため、企業の商品や事業内容がわかるようなディスプレイなどをつくることで企業の周知や理解を広げることができ、信用や信頼を持ってもらうきっかけにもなります。

使い方が多様な観葉植物を取り入れる

観葉植物はオフィスの雰囲気を視覚的に変えるために最も手軽なアイテムかもしれません。目に癒しを与えたり、機械的なオフィスの中でも自然や癒しを感じることができるため、観葉植物を使用するオフィスも少なくありません。植物を見る効果として、モチベーションの向上、不安定性の減少、満足度の向上などがあると言われています。しかし、観葉植物はただ観賞のために置かれているわけではありません。観葉植物を使い、おしゃれなオフィスを演出することができます。

まず、観葉植物をおしゃれに配置するポイントです。観葉植物の種類は多い方がより良いです。鉢植えタイプのものでも、観葉植物の種類によって背丈がまったく異なります。背の低い棚やデスクに並べる場合は、同じような背丈の観葉植物を並べると開放的かつおしゃれに見えます。人が歩く動線上に置く場合は、花道のように左右に並べたりします。観葉植物を配置する場合は必ず人の目線の高さに合わせ、視界に入るように置きましょう。
また、観葉植物の緑をオフィス内の空間のアクセントとして使用する用途もありますが、空間を区切るパーテーションとしての役割も担うことができます。リフレッシュスペースの空間の仕切りや廊下など、従業員の動線上の軽い仕切りに使用することができます。自然の空気清浄やオフィスの雰囲気を良くする点でも観葉植物の効果は期待できると考えられます。

オフィスの雰囲気は、今あるオフィスデザインを基準とし、少しの工夫で変化させることができます。大規模なオフィスデザインの変更とは異なり、お試し感覚やチャレンジという意味で気軽に変更したり、戻したりすることができることがメリットだと考えられます。
オフィスデザインや雰囲気がおしゃれになると、従業員のモチベーションだけでなく、お客様や他社からの見られ方も変えることができ、気持ちを一新させることができます。オフィスに合った工夫を見つけ、おしゃれオフィスをつくりましょう。

続きを読む